公正証書

任意後見契約

任意後見契約とは、判断能力が無くなった場合に備えて、委任者(頼む人)と受任者(頼まれる人)の間で、後見人(面倒を見てくれる人)の委任をする契約のことです。
後見人が選任されると委任者は権利能力(契約などをすること)がなくなります。

財産管理委任契約

財産管理委任契約とは、判断能力は有しているが『身体の都合が悪い』『金融機関が遠く財産の管理ができない』などいった場合に委任者(頼む人)と受任者(頼まれる人)で委任契約を締結しておくことです。
通常は任意後見契約と一緒にされることが多いです。

死後事務委任契約

本人の死後(委任者)に発生する諸手続きについて、生前に委任者(頼む人)と受任者(頼まれる人)で代理権付与の契約を締結しておくことです。
付与できる代理権には以下のものがあります。
・葬儀、埋葬、通夜、納骨
・未払い料金(入院費、施設費、家賃、税金等)支払い
・各種行政機関への諸手続き
・遺品整理、処分
・親族等への連絡

尊厳死宣言

尊厳死宣言とは不治の病、完治の見込みがない状態で死期が迫っていると医師2人に診断された場合の家族の負担を和らげるために、意思能力があるうちに延命のみを目的とした措置は行わず、人間としての尊厳を保って安らかに死を迎えることを望むことを書面で残しておくことです。